対人、対物の補償を安く付けられるのが最大のメリット


ネットの質問掲示板では代理店関係者の低レベルの書き込みも多く、「ファミリーバイク特約は保険金がおりないのでつけない方がいい」などという訳のわからない回答を見ることもあります。

自損型の運転者のケガの補償のことを言ってるのでしょうが、この点は人それぞれ事情や考え方があって人身障害がないからといって欠陥のある保険とは言えません。

125ccバイクで本当に人身障害保険が必要であれば人身型のファミリーバイク特約を選ぶでしょうし、ケガの補償が生命保険や共済などで十分カバーされていれば、むしろ人身型を付けることが重複の原因になってしまいます。

三井ダイレクトなどは自損事故の補償さえ外した対人、対物だけのファミリーバイク特約も用意しているのですよ。


ファミリーバイク特約の本当にありがたい点はこの対人、対物が本体の自動車保険と同じ限度額で(無制限であれば無制限で)補償されることだと思います。

自転車の対人事故で億単位の賠償を請求されるケースもあるようですが、このような自賠責では到底まかないきれないような対人事故などが人生を狂わしてしまうのです。

この点がカバーされるファミリーバイク特約は、むしろ自動車保険では珍しいほどコストパフォーマンスが高く、メリットの大きい特約だと思います。

事故でファミリーバイク特約を使っても等級に影響しない


ファミリーバイク特約には色々なメリットがありますが、一番ありがたいのは原付で事故があって保険を使っても、車での事故のように等級がダウンすることはないという点でしょう。

事故による3等級ダウンのペナルティーは、等級制度の改正によって改正前のものよりはるかに厳しくなりました。

事故有り等級が適用される3年間の保険料の差額が10万円とかという金額になり、5万円や6万円くらいの車両の修理では自動車保険を使えなくなってしまいました。

何のための車両保険なのかと文句をいいたくもなりますが、現実はそうなっているので免責金額を10万円にするなどの自己防衛をするしかありません。

だからファミリーバイク特約の等級の取り扱いはありがたいのです。

まあ、その代わり等級が高くなってもファミリーバイク特約の追加保険料は安くならないのはし方ありませんね。


<よもやまな話>
中古の軽トラックの安いのがあればかなり古くても欲しいのですがほとんど見つかりませんね。
中古軽トラは隠れた人気車種で全国どこでも品薄状態のようです。

------------------------------------------------ サイトメニュー ----------------------------------------------------

トップ(ホーム)原付特約のありがたさ原付特約の2タイプ自損型の原付特約人身型の原付特約
原付向けの単独バイク保険原付の基本知識自賠責の期限切れに注意
電動バイクに原付特約原付は中古がおススメ

Copyright © ファミリーバイク特約の保険料はどのくらい? All Rights Reserved.