ファミリーバイク特約の自損型と人身型


ファミリーバイク特約には「自損型」と「人身型」という二つのタイプがありそれぞれ保険料が異なります。

両者の違いは運転者や同乗者のケガなどに対する補償範囲が異なるということです。


自損型の場合は、運転者のケガの補償はいわゆる自損事故だけになります。

自損事故というのはガードレールに突っ込んだとかコーナーでがけから転落したとか等の相手のいない事故のことです。

相手のある事故であっても相手側に全く過失のない事故の場合も同じ扱いになります。

補償金額は定額型で、死亡1500万円、後遺障害1800万円、医療100万円が限度になります。

本体自動車保険の「自損事故保険」の取り扱いと同じになるということですね。


人身型というのは、本体自動車保険の人身傷害保険と同様、運転者や同乗者のケガなどによる損害が、過失割合などに関係なく(示談成立前でも)限度額の範囲内で全額補償されることになります。

人身型は補償があつくなる分保険料も高くなり、各社とも自損型に比べて1万円ほど高いようです。


さて実際にどちらを選ぶかといえば、たとえば125ccの第二種原付をタンデム(二人乗り)で利用しているなどの特殊な場合でなければ、自損型で充分ではないでしょうか。

50cc原付は二人乗りができませんし法定速度も30Kmです。

どうしても自分のケガが心配であれば生命保険や交通障害保険などでカバーするという方法もあり、通勤中のケガであれば労災でもカバーされます。


いわゆる通販型自動車保険の一部の保険会社には自損型しか選べないところもありますが、それもこのような考え方からきているのだと思います。

何よりもファミリーバイク特約というのは原付にリーズナブルな保険料で任意保険を付けられるのが最大の魅力なのですから。


なお、三井ダイレクトの原付特約では、自損型、人身型のほかに、対人補償、対物補償だけのタイプも選べるようですよ。

運転者のケガが他の保険などで充分にカバーされている場合は、このタイプを選んで補償の重複を避けることができるわけです。

このことから見ても、第1種原付なら「自損型」のファミリーバイク特約で必要・充分という気がします。


=ちょっぴり寄り道=
中古の4WD軽トラックは山菜取りなど山に入るのに最適の車ですね。
いつも相棒に乗せてもらい山に分け入るのですが自分でも欲しくなってきました。
でも中古軽トラ中でも4WDとなると慢性的なタマ不足だとかで全く見つかりません。

------------------------------------------------ サイトメニュー ----------------------------------------------------

トップ(ホーム)原付特約のありがたさ原付特約の2タイプ自損型の原付特約人身型の原付特約
原付向けの単独バイク保険原付の基本知識自賠責の期限切れに注意
電動バイクに原付特約原付は中古がおススメ

Copyright © ファミリーバイク特約の保険料はどのくらい? All Rights Reserved.