電動バイクの600W以下は50cc原付の取り扱い


電動バイクが普及の兆しを見せてきました。

もちろんバッテリーとモーターで走るバイクです。

車体に積まれたバッテリーに外部から充電して走行するものが一般的ですが、水素やメタノールを用いた燃料電池によって電力を得る方式も開発されているそうですよ。

もちろんモーターは騒音が少なく排気ガスを出さないため環境への負荷が小さく、低回転から最大トルクを出せるのでミッションが不要で駆動伝達部品を簡略化できるという特徴があります。

ヤマハ、ホンダ、スズキなど国内の2輪車メーカー大手も参入し、価格も低くなってきているようです。


今のところ航続距離が50キロメートルに満たない電動バイクがほとんどで、大型のものでも60キロメートルが限界のようです。

この電動バイク、自賠責保険、任意保険などの扱いは通常のバイクと同じ取り扱いになります。

具体的には次のとおりの取り扱いになります。

・定格出力が600W以下        ⇒第一種原動機付自転車(排気量50cc以下に相当)

・定格出力が600W超、1,000W以下⇒第二種原動機付自転車(排気量50cc超、125cc以下に相当)

まだまだ充電に時間がかかったり航続距離も不十分な、発展途上の電動バイクですが、電力のコストがガソリンの10%で済むこと、一般家庭で充電できることなど、原付バイクの手軽さを更に向上させる魅力がありますね。

電動バイクの通勤、通学も今後増えて来るでしょうが、やはり任意保険はファミリーバイク特約が似合います。


電動バイクのメリットとデメリット


電動バイクの性能は加速度的に上昇しているといいます。

「10万円を切る価格、フル充電で45kmも走行、70%充電2〜3時間、フル充電7〜9時間で」という製品も既に販売されています。

ヤマハ発動機はこの電動バイクに力を入れており、2020年までに新しく3〜4車種投入し、世界のシェアの2割を目指すそうです。

ホンダも、配達業者向けのリース販売を突破口にして、将来は個人向けの普及も図るそうです。


電動バイクのメリットを整理すると次のようになります。

・電力のコストはガソリンの約10%

・排気ガスを出さず、屋内でも利用可能

・一般家庭でも充電できる

・エンジンのオイル交換が不要

・構造がシンプルでメンテナンスが簡単

・バッテリー以外は構成部品の寿命が長い

逆に、まだまだ次のような欠点も残っています。

・航続距離が短い

・再充電に時間がかかる

・町中に充電設備が発達していない

・最高出力が50ccエンジンに劣り上り坂に弱い

・価格が高い

・バッテリー交換のメンテナンスコストが発生する

まだ値段がこなれていない電動バイクですが、ファミリーバイク特約を付ける機会に安い自動車保険に切り替えれば、電動バイクのを価格の高さをカバーできるような気がします。


中古車一括査定のポイント

------------------------------------------------ サイトメニュー ----------------------------------------------------

トップ(ホーム)原付特約のありがたさ原付特約の2タイプ自損型の原付特約人身型の原付特約
原付向けの単独バイク保険原付の基本知識自賠責の期限切れに注意
電動バイクに原付特約原付は中古がおススメ

Copyright © ファミリーバイク特約の保険料はどのくらい? All Rights Reserved.