運転者、同乗者のケガなども補償〜人身型


人身型のファミリーバイク特約は、対人・対物と人身傷害保険とがセットになったものです。

本体の自動車保険で人身障害保険をつけている場合に選ぶことができるタイプです。

搭乗者障害に代わり今では人身障害がほとんどの場合ついているでしょうから、その点は心配は要らないでしょう。

ただし、保険会社によっては本体に人身傷害がついていても自損型しか選べない場合もあります。


人身型になると、相手のいる事故でも運転者、同乗者のケガなどが補償の対象になります。

本体の自動車保険の人身傷害の限度額内で、死亡、後遺障害、医療について保険金が支払われます。

人身障害ですから、過失割合の如何にかかわらず、実際の損害額が補償されることになります。


二人乗りをするなら人身型を選んだほうがいい?


125ccの第二種原付で、ツーリングやタンデム利用をする場合はやはり自損型では補償のカバーが充分とは言えず、保険料が高くなりますが人身型を選んだ方がいいのかもしれません。

過失割合にかかわらず、つまり示談成立前でもケガなどの実際の損害額が実額ベースで支払われる人身型は、やはり安心感が違います。


万一本体の自動車保険に人身傷害保険をつけていない場合は、ファミリーバイク特約を付ける機会に保険会社を安いところに切り替えてみるという方法もあります。

搭乗者障害を外して人身障害を追加し、特約としてファミリーバイク特約をつけるのです。

無料一括見積りを利用すればその条件で安くなるところが簡単にわかります。

特に、現在の自動車保険がディーラーからすすめられた「代理店型」であれば、ファミリーバイク特約を追加してもおつりが来ることでしょう。

ぜひお試しを。


------------------------------------------------ サイトメニュー ----------------------------------------------------

トップ(ホーム)原付特約のありがたさ原付特約の2タイプ自損型の原付特約人身型の原付特約
原付向けの単独バイク保険原付の基本知識自賠責の期限切れに注意
電動バイクに原付特約原付は中古がおススメ

Copyright © ファミリーバイク特約の保険料はどのくらい? All Rights Reserved.