運転者のケガは自損事故の場合のみ補償〜自損型


対人補償・対物補償は共通ですが、運転者のケガがどう補償されるかによって、ファミリーバイク特約は「自損型」と「人身型」の2つのタイプに分かれます。

自損型は、対人・対物に加え自損事故傷害がつくタイプで、運転者のケガについて自損事故のときにのみ補償されます。

つまり運転中の操作ミスなどにより自損事故を起こし怪我をした場合に、保有者・運転者・搭乗者が死傷し、その損害について自賠責保険から支払われない場合にファミリーバイク特約から保険金が支払われます。

正確には、自損事故だけでなく相手のある事故でも相手側に全く過失のない事故であれば同様に補償されます。


各社によって違いはありますが、支払われる保険金は大体次のとおりです。

・死亡保険金1名につき 1,500万円
・後遺障害保険金1名につき 50〜1,800万円
・医療保険金 1名につき入院1日6,000円、通院4,000円(限度額 100万円) ・重度後遺障害保険金 1名につき200万円


※長い間世話になった愛車にいい査定額を付けてあげたい。そんなときは無料一括査定でできるだけ多くの買取店に査定してもらおう。


自損型でケガの補償は大丈夫なのか


50cc以下の原付(第1種原付)は普通免許、原付免許で乗れる原付です。

二人乗りはできませんし法定速度は30kmです。

ですから、50cc原付バイクの場合は自損型で充分のような気がします。

自損事故以外でのケガですが、生命保険や医療保険を契約していればそれでカバーする方法がありますし、原付を通勤、仕事だけで使用する場合は労災でもカバーできます。

また、家族全員が対象になる格安の交通障害保険(月額600円程度)でカバーするという方法もあるでしょう。


二人乗りができ法定速度が60kmの125cc原付(第二種原付)の場合は、用途によって自損型では不十分かもしれません。

特に、タンデム利用が多い場合は、同乗者のケガもカバーされる人身型が必要になると思います。

自損型よりかなり保険料が高くなってしまいますが、人身型の安心度はそれに見合うものだと思います。


------------------------------------------------ サイトメニュー ----------------------------------------------------

トップ(ホーム)原付特約のありがたさ原付特約の2タイプ自損型の原付特約人身型の原付特約
原付向けの単独バイク保険原付の基本知識自賠責の期限切れに注意
電動バイクに原付特約原付は中古がおススメ

Copyright © ファミリーバイク特約の保険料はどのくらい? All Rights Reserved.